講演・セミナー(2021年実績)

Lecture&Seminar

画像は2019年に開催した講演の様子です。本展は感染予防対応策を講じ、安全・安心に開催いたします。
リアル展示会では、展示会場内にステージを設営し、
政府 CIO 三輪 昭尚 氏をはじめとした行政のCIOや、業界を牽引するトップランナー企業の経営陣が登壇する講演、
出展各社のソリューションや導入事例を紹介する専門セミナーを開催しました。

基調講演・特別講演

政府CIO 三輪 昭尚 氏をはじめとした行政のCIOによる講演
業界を牽引するトップランナー企業の経営陣による講演

専門セミナー

専門セミナー
講師プロフィール
出展各社のソリューションや導入事例を紹介する専門セミナー

オープニングリマークス

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • 平井 卓也 氏
  • YK-1

    デジタル改革担当大臣
    情報通信技術(IT)政策担当大臣
    内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度)
    平井 卓也 氏

    プロフィール

プロフィール
1976年3月 高松第一高等学校卒業
1980年3月 上智大学外国語学部英語科卒業
1980年4月 電通入社
1987年11月 西日本放送代表取締役社長に就任
2000年6月 第42回衆議院選挙に無所属で出馬、初当選
2018年10月 国務大臣 IT・科学技術担当大臣就任
2019年10月 自民党デジタル社会推進特別委員長に就任
2020年9月 デジタル改革担当
情報通信技術(IT)政策担当
内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度)(菅内閣)に就任

基調講演

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YK-2政府におけるデジタル改革の取組について

    内閣官房 
    内閣情報通信政策監(政府CIO)
    三輪 昭尚 氏

    詳細

セミナー詳細
政府におけるデジタル改革の取組について
新型コロナウイルス感染症の拡大により、社会が変容する中、多様な分野でデジタル化への課題が浮き彫りになりました。こうした課題に対応するとともに、「デジタルの活用により、一人ひとりのニーズに合ったサービスを選ぶことができ、多様な幸せが実現する社会」を形成し、「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」を進めるための、政府におけるデジタル改革の取組についてお話します。
プロフィール
1974年大林組入社。IT戦略企画室長、大林USA代表取締役社長、常務取締役原子力本部長、技術本部長、情報システム担当、取締役専務執行役員、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室情報通信技術(IT)顧問等を経て、2018年7月から現職。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • OK-1大阪府スマートシティ戦略~公民共同エコシステムを軸として~

    大阪府 
    CIO最高情報統括責任者 兼 スマートシティ戦略部長
    坪田 知巳 氏

    詳細

セミナー詳細
大阪府スマートシティ戦略~公民共同エコシステムを軸として~
「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする2025年の大阪・関西万博を睨み、大阪は成長戦略を内外に示し、我が国第二位の都市として日本の再興にリーダーシップを取ることが求められています。
コロナ禍で露呈したデジタル化の遅れとその原因について考察しながら、国のデジタル・トランスフォーメーション(DX)とも呼応し、大阪がいかに独自性を保ちながら特徴ある都市デジタル変革を推し進めていくのか。その戦略を紹介します。
プロフィール
大阪府大阪市 出身
1984年 3月 同志社大学経済学部卒業
1984年4月 日本IBM株式会社 入社
中部営業本部に配属
地方勤務にて、自治体、医療機関、大学・国立研究所、医薬品業界、電力業界、メディア業界、流通業界などを担当
2008年1月 日本IBM株式会社 理事
官公庁、保険業界、銀行業界、独立行政法人などを担当する営業部門責任者を歴任
2009年1月 日本IBM株式会社 執行役員
・郵政民営化プロジェクト、
・経済産業省 貿易・保険システム、
・スタートアップ育成
などに従事
( 関西経済同友会所属  ~2020年3月まで)
2014年1月 日本IBM株式会社 常務執行役員
・金融・保険・郵政 システム事業部長
・IBM Corporation. Industry Platform Division. Managing Director
・大阪事業所長
などを兼務
2020年3月 日本IBM株式会社 退職
2020年4月 大阪府スマートシティ戦略部長 就任
6月 大阪府CIO最高情報統括責任者 兼 スマートシティ戦略部長

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • OK-2テレワークがけん引する大阪市の自治体DX

    大阪市 
    CIO(最高情報統括責任者) ICT戦略室長
    鶴見 一裕 氏

    詳細

セミナー詳細
テレワークがけん引する大阪市の自治体DX
コロナ禍において自治体における働く環境も大きく変化し、急速に広がったテレワークによりリモートでの働き方が恒常的なものになってきています。大阪市では従前から日常業務における情報共有基盤にクラウドサービスを導入し、職場にいなくてもコミュニケーションがとれる環境を整備しており、テレワークの円滑な実施にもつながりました。継続して情報セキュリティ対策と利便性を両立したネットワーク環境の整備など、行政のデジタル化を支える取組を進めています。
プロフィール
大阪市入庁来、現在のICT戦略室の前身となる情報システム部門に22年間在籍し、基幹システムの開発や全庁ネットワークの構築業務等のプロジェクトに関与し、その成果が現在の市のICT活用やインフラ環境のベースとなっている。その後、総務・人事部門に移り、行財政改革の具体実践の取組等に従事。2018年よりICT戦略室に復帰し、「大阪市ICT戦略」を掲げ行政サービスへの徹底したICT活用をコンセプトに様々な取組を企画・主導。2021年4月より大阪市CIO/ICT戦略室長に就任し、デジタル社会にふさわしい都市の実現をめざし、大阪市のDXを先導している。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YK-4神奈川県DXの取り組み

    神奈川県 
    デジタル戦略本部室 DX推進アドバイザー
    澤 紫臣 氏

    詳細

セミナー詳細
神奈川県DXの取り組み
神奈川県が考え実行している行政のデジタルトランスフォーメーションをご説明し、地方自治体におけるデジタルトランスフォーメーションについて、民間企業出身の視点から差異や、気づきなど。
行政側だけで解決するのではなく、民間企業と良好な関係を築きながら、ともに問題を解決していくスキームなど、神奈川県独自の取り組みなどにも触れ、我々が目指すDXの姿をお話します。
プロフィール
1976年生まれ 青山学院大学卒。
2003年、ビジネス向けビデオチャットシステムやグループウェアの企画開発を経て、オンラインゲーム運営会社を起業。
本日までに運営・開発したオンラインサービス数は20を超え、業界団体でのガイドライン作成にも深く関わっている。

現在近未来を舞台にDXををテーマとした小説『TOKYO2040』を、月刊誌にて連載中。
『インターネット白書』『ファミ通ゲーム白書』において、オンラインゲームビジネスに関する章を毎年執筆。

ブロックチェーンにも造詣が深く、近著にビジネス小説『ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿』があり、NFTに関する解説書を出版準備中。

ほか、東京ゲームショウはじめ、マレーシア国立マラヤ大学、シンガポール国立大学など国内外での講演・セミナー多数。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YK-3自治体におけるDXの課題と期待される将来像

    横浜市 
    最高情報統括責任者補佐監(CIO補佐監)
    福田 次郎 氏

    詳細

セミナー詳細
自治体におけるDXの課題と期待される将来像
デジタル庁をはじめとする国のデジタル化・DXの動きと歩調を合わせて、県や住民と直接接する市町村でも、デジタルを使った行政サービスにおける市民体験の向上、業務の改革などのDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組もうとしています。
これからの横浜市のDXに向けた取り組みを紹介しながら、自治体のDXにおける課題や、その解決の方向性について考えていきます。
プロフィール
三菱総合研究所にて、建設、交通、都市、通信、介護、医療など官公庁・企業の社会基盤およびシステムの調査・コンサルティングを行う。1995年からのインターネット黎明期の社内ベンチャー経験を経て、インターネット・ICTによる各種新規事業の企画支援、オープンイノベーションでの研究会事務局、日本データセンター協会事務局などを行う
2015年より横浜市CIO補佐監、CISO補佐監、CDO補佐監に就任。ICTの調達統制、セキュリティ、業務改革、新市庁舎整備、各種業務システム企画のほか、ICT施策、IoT・AIやデータ利活用、オープンイノベーションを推進。
2021年より新設されたデジタル統括本部副本部長に着任。

特別講演

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-1デジタルトランスフォーメーションを加速させる文書情報マネジメント

    (公社)日本文書情報マネジメント協会 
    理事長
    勝丸 泰志 氏

    詳細

セミナー詳細
デジタルトランスフォーメーションを加速させる文書情報マネジメント
コロナ禍は日本におけるデジタル化の後れを露呈させましたが、今国会でデジタル化関連法案が審議され行政デジタル化の加速が期待されます。電子帳簿保存法は、令和3年度の改正で全体のデジタル化に歩調を合わせる動きを見せています。企業のデジタルトランスフォーメーションは、テクノロジーのみならず企業体質や労働慣行の変革をも迫っていますが、コロナ禍によりその必要性がより強く認識されました。文書情報マネジメントが変革にどのように役立つかを考えます。
プロフィール
1977年3月東京工業大学卒、2012年6月富士ゼロックス(現フジフイルムビジネスイノベーション)株式会社取締役常務執行役員就任、2013年10月公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(以下JIIMA)副理事長就任、2014年6月富士ゼロックスシステムサービス(現フジフイルムシステムサービス)株式会社代表取締役社長就任し2018年6月に退任、2019年2月JIIMA理事長に就任し現在に至る。デジタル化の進展によりコミュニケーションが容易になる反面、情報管理が複雑化し情報資産や証拠が散逸し、企業が危機に直面することがないように、2020年10月にJIIMAが発表したビジョン2020を社会に浸透させ、デジタル社会が企業には成長の機会を、また人々にはより良い生活環境をもたらすように活動している。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-12日本における電子インボイスの確立に向けて

    電子インボイス推進協議会 代表幹事法人
    弥生(株) 代表取締役社長
    岡本 浩一郎 氏

    詳細

セミナー詳細
日本における電子インボイスの確立に向けて
2023年10月より、「適格請求書等保存方式」(いわゆるインボイス制度)が導入されます。インボイス制度は、法令改正であると同時に、事業者の業務のデジタル化によって圧倒的な業務効率化を実現する大きな機会です。電子インボイス推進協議会(EIPA)では、中小・小規模事業者から大企業に至るまで幅広い事業者が、容易に、かつ、低コストで利用できる電子インボイスの仕組みの確立に向けて活動を行っており、欧州を中心に既に30か国以上で利用されている、「文書仕様」「ネットワーク」「運用ルール」等に関する包括的な国際標準規格である「Peppol」をベースとした日本標準仕様の策定を進めています。日本における電子インボイスの確立に向けた取組みについてお話しします。
プロフィール
1969年横浜市生まれ。東京大学工学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営大学院修了。野村総合研究所、ボストンコンサルティング グループを経て、2000年6月にコンサルティング会社 リアルソリューションズを起業。2008年4月より弥生株式会社 代表取締役社長に就任。2017年2月にアルトア株式会社を設立、代表取締役社長に就任(弥生株式会社 代表取締役社長と兼務)。弥生は、2020年6月に発足した社会的システム・デジタル化研究会の代表、同年7月に発足した電子インボイス推進協議会の代表幹事法人を務める。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-8「ペーパーレス後進国」日本の経理の現状とDXで変わる働き方

    「日本の経理をもっと自由にプロジェクト」責任者
    (株)ROBOT PAYMENT 執行役員
    フィナンシャルクラウド事業部長
    藤田 豪人 氏

    詳細

セミナー詳細
「ペーパーレス後進国」日本の経理の現状とDXで変わる働き方
プロフィール
前職の株式会社カオナビでは執行役員コーポレート本部長事務責任者として2019年3月に東証マザーズ上場を果たす。2019年10月にROBOT PAYMENTに入社し、フィナンシャルクラウド事業部長を務める。2020年7月には、経理の不合理を解消したいという想いで「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトを立ち上げる。プロジェクトの責任者として、いまだDX化・ペーパーレス化が進んでおらず、月末の対応・紙の請求処理などで出社を強いられる企業の経理担当が「もっと自由なニューノーマルな働き方」を実現できるように様々な取り組みを行う。現在は130社以上の賛同企業と共に声を挙げ、プロジェクトを推し進めている。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • OT-5ポストコロナを見据えたテレワークとは? ~課題解決から地方創生まで~

    総務省 地域情報化アドバイザー

    (株)テレワークマネジメント 代表取締役
    田澤 由利 氏

    詳細

セミナー詳細
ポストコロナを見据えたテレワークとは? ~課題解決から地方創生まで~
コロナ禍の中で急速に利用が進んだテレワーク。しかしコミュニケーションやマネジメントの課題にぶつかる企業も少なくありません。テレワークを一過性のBCP対策に留めず、生産性向上・人材確保など企業戦略として取り組む企業が、ポストコロナ社会を生き抜くことができます。テレワーク導入支援を手掛けて20年の講師が、課題解決から地方創生を実現するテレワークまで、そのノウハウを詳しく解説します。
プロフィール
株式会社テレワークマネジメント代表取締役 (兼 株式会社ワイズスタッフ代表取締役) 上智大学卒業後、シャープ(株)の勤務を経て、1998年に(株)ワイズスタッフ、2008年に (株)テレワークマネジメントを設立。企業等へのテレワーク導入支援や、国や自治体のテレワーク普及事業等を広く実施している。
総務省地域情報化アドバイザー、上智大学非常勤講師のほか、地方創生テレワーク検討会議、総務省「ポストコロナ」時代におけるデジタル活用に関する懇談会などの政策検討会議に参画している。
2015年 総務省「平成27年度情報化促進貢献個人等表彰」、2016年「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰個人賞」、2021年「第66回前島密賞」などを受賞。
著書『在宅勤務が会社を救う』(東洋経済新報社)

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-10Empowering People with Work Life Shift:富士通13万人のWell-beingを実践する働き方改革


    富士通(株) 
    代表取締役副社長、COO、CTO、(兼) 海外リージョン部門長
    古田 英範 氏

    詳細

セミナー詳細
Empowering People with Work Life Shift:富士通13万人のWell-beingを実践する働き方改革
新しい生活様式が求められる今、働き方や人材マネジメント改革も加速しています。加えてデータドリブン経営の仕組み作り、新たな価値創造も必要です。本講演では、デジタルテクノロジーによる社会課題の解決やレジリエンスを高めWell-beingを実現する取り組み、更にはお客様向けソリューションもご紹介します。
プロフィール

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-4スケールフリーネットワークで起こすDX2.0とQX


    (株)東芝 
    執行役上席常務 最高デジタル責任者
    島田 太郎 氏

    詳細

セミナー詳細
スケールフリーネットワークで起こすDX2.0とQX
過去10年間、インターネット関連の企業が大きな株式・企業価値を上げてきた。この背後には、スケールフリーネットワークという構造が存在する。このインターネットによる革命をDX1.0とすると、今後、今まで繋がっていなかった物がネットワーク化する事によってDX2.0が起こり、やがては量子インターネットの世界が開ける事になる。これらの重要な技術とコンセプトを、具体的な例を挙げながら説明する。
プロフィール
1990年 新明和工業(株)入社。BoeingとMcDonnell Douglas に出向後、1999年 Siemensの一部である SDRCに入社し、SiemensKK、ドイツのSiemens 本社等経験後、2015年 専務執行役員に就任。2018年10月 コーポレートデジタル事業責任者として(株)東芝に入社。2019年4月 執行役常務 最高デジタル責任者、2020年4月 執行役上席常務に就任。現在、東芝デジタルソリューションズ(株)取締役社長、東芝データ(株)代表取締役CEO、(一社)ifLinkオープンコミュニティ代表理事を兼任。現在はロボット革命と産業用IoTイニシアチブ、IoTアクセラレーションラボのアドバイザーとしても活動。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • OT-8スケールフリーネットワークで起こすDX2.0とQX


    東芝デジタルソリューションズ(株) 
    取締役
    岡田 俊輔 氏

    詳細

セミナー詳細
スケールフリーネットワークで起こすDX2.0とQX
過去10年間、インターネット関連の企業が大きな株式・企業価値を上げてきた。この背後には、スケールフリーネットワークという構造が存在する。このインターネットによる革命をDX1.0とすると、今後、今まで繋がっていなかった物がネットワーク化する事によってDX2.0が起こり、やがては量子インターネットの世界が開ける事になる。これらの重要な技術とコンセプトを、具体的な例を挙げながら説明する。
プロフィール

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-5日本オラクルが自社のデジタルトランスフォーメーションで得た成果 ~ 「Oracle@Oracle」


    日本オラクル(株) 
    取締役 執行役 副社長 最高執行責任者
    湊 宏司 氏

    詳細

セミナー詳細
日本オラクルが自社のデジタルトランスフォーメーションで得た成果 ~ 「Oracle@Oracle」
「顧客のDXを推進する、Trusted Technology Advisorになる」というビジョンを掲げ、DXに挑戦する企業へのサポート強化を打ち出しているオラクル。
実はオラクル自身が「Oracle@Oracle」と呼ばれるグローバルイニシアティブのもと、人事、会計、サプライチェーンマネジメントなど、自社で提供するクラウド製品の導入により、大きなビジネス成果を得ています。
課題は何で、DXでどのように解決してきたか、そしてその経験からの学びを紹介します。
プロフィール
1994年、日本電信電話入社。NTTコムウェアを経て2008年にサン・マイクロシステムズに移り、サポートサービス事業オペレーション本部長を務める。2010年に買収によってオラクルに入社。執行役員 社長室長、専務執行役員 ストラテジー&オペレーション統括、執行役 副社長 最高執行責任者(COO)などを歴任し、2019年8月から現職。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-3未来の働き方に マイクロソフトがお手伝いできること


    日本マイクロソフト(株) 執行役員 最高技術責任者
    マイクロソフトディベロップメント(株) 代表取締役 社長
    榊原 彰 氏

    詳細

セミナー詳細
未来の働き方に マイクロソフトがお手伝いできること
2020年は新型コロナウィルスの影響により、わたしたちの働き方は大きく変わりました。政府のガイドラインに沿って、いつでもどこからでも働けるようにDXを推進している企業がある一方で、これからどのように進めていくべきか悩まれている企業や経営者も少なくないと思います。
本セッションでは、これまで多くのお客様の働き方改革やDXをご支援させていただいたマイクロソフトが考える「未来の働き方」についてご紹介させていただきます。
プロフィール
1986年日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。金融機関を中心に他業種・多数の企業のITシステム開発プロジェクトにITアーキテクトとして参画。2005年に全世界のIBMの技術職の最高位であるディスティングイッシュト・エンジニアに任命された後、2006年より同社東京基礎研究所にてソフトウェア工学の研究に従事した後、同社グローバル・ビジネス・サービス事業CTO、スマ―ター・シティ事業CTOを歴任。2016年1月より日本マイクロソフト株式会社に執行役員 最高技術責任者(CTO)として移籍し、 現在に至る。加えて2018年2月からはマイクロソフトディベロップメント株式会社 代表取締役社長も兼務。
IEEE Computer Society, ACM, 情報処理学会、プロジェクトマネジメント学会の正会員。著書・訳書・講演多数。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-11【最新デモでご紹介】Webexではじめるハイブリッドワーク


    シスコシステムズ(同) 
    執行役員 コラボレーション アーキテクチャ事業担当
    石黒 圭祐 氏

    詳細

セミナー詳細
【最新デモでご紹介】Webexではじめるハイブリッドワーク
日本においても、ワクチンの接種が開始され、人々が徐々にオフィスに戻っていくことが予想されます。しかし、様々なテレワークに関する調査が示すように、多くの従業員が今後もテレワークの継続を希望し、テレワーク環境の有無が就業する企業選びの基準の1つになるなど、働き方に関する考え方は大きく変化しました。デジタル庁が新設され、国を挙げたデジタル改革が始まっている状況から、今後はリアルな場としてのオフィスと、テレワークを統合し、社員が働く場所を選択できる『ハイブリット型』のワークスタイルへとシフトしていくと、シスコでは予測しています。 今後急速に進んでいく、オフィス勤務とテレワークの両方を取り入れたハイブリッド型のワークスタイルの導入を成功に導く方法を、最新のデモンストレーション、テクノロジーの情報と共に、ご紹介いたします。
プロフィール
2001年シスコシステムズ入社。チャネル営業、製造・流通サービス担当のハイタッチ営業を経て2009年よりコラボレーション営業として活動。
業種・業界を問わず国内のお客様に「“自然と変えられる”新しい働き方」を提案・提言している。大阪府出身。大学では経済学・情報学を専攻。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-6生産性向上を実現するビジネスマーケットプレイス


    アマゾンジャパン(同) 
    Amazonビジネス事業本部 事業本部長
    石橋 憲人 氏

    詳細

セミナー詳細
生産性向上を実現するビジネスマーケットプレイス
With/Afterコロナ時代では、DXを前提とした業務の進め方が「ニューノーマル」となっていきます。それは調達・購買業務においても例外ではありません。購買~支払のDXにより日々の間接業務の負荷が軽減することは、現場がより顧客目線でサービスに注力することを可能とします。本セッションでは、お客様の「ニューノーマル」をご支援するAmazonビジネスの取り組みと、ビジネスマーケットプレイスによる生産性と売上向上の事例をご紹介致します。
プロフィール
1993年より、日本ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン(現Strategy&)にてコンサルタントとして石油会社、自動車メーカー、文具メーカーなどの事業戦略、市場参入戦略、業務改善戦略の策定に従事。
2001年からインターネットビジネスに特化したコンサルティング会社であるサイエント株式会社にて、GMSのプライベートブランド戦略策定などに従事し、2003年よりカメラ販売のカメラのキタムラのインターネットビジネス拡大にコンサルタントとして参加したのち、取締役として従事する。
2010 年にアマゾンジャパンに入社し、ホーム&キッチン事業部 事業部長、セラーサービス事業本部 営業本部長を経て、2018年6月より現職にてB2Bビジネスの立ち上げと拡張に従事。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-2コミュニケーションの未来とプラットフォームとしてのZoom ~キラーアプリからキラープラットフォームへ~


    Zoom日本法人 
    代表
    佐賀 文宣 氏

    詳細

セミナー詳細
コミュニケーションの未来とプラットフォームとしてのZoom
~キラーアプリからキラープラットフォームへ~
ニューノーマル時代において、今後も「対面」と「離れていてもストレスなくコミュニケーションができる環境」の共存が求められる。このような新たなコミュニケーションのあり方をサポートするZoomが、新しいコミュニケーションのあり方について事例を用いて紹介すると共に、様々な働き方を提供するビジネスのプラットフォームについて解説する。
プロフィール
2019年2月にZVC Japan 株式会社 (Zoom Video Communications, Inc.の日本法人)へ入社。
ZVC Japan入社前は、2013年からヴイエムウェア株式会社でパートナービジネスを統括。2006年から2013年にかけては、シスコシステムズ合同会社に在籍し、同社が買収したWebexのパートナー開拓に携わる。1992年に日本アイ・ビー・エム株式会社へ入社し、大和研究所にてThinkPadの開発部門に配属。その後は2006年まで、同社PC部門で日本およびアジア太平洋地域担当プロダクトマーケティングやパートナーセールスに携わる。
1992年北海道大学工学部修士課程を修了。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-9ニューノーマル時代のペーパーレス戦略─業務改革の切り札「PDF」


    (株)スカイコム 代表取締役社長
    川橋 郁夫 氏

    詳細

セミナー詳細
ニューノーマル時代のペーパーレス戦略─業務改革の切り札「PDF」
働き方改革の推進や、新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワークの急増で、時間と場所に縛られない柔軟なワークスタイルが求められていますが、その速やかな実現を阻んでいるのが紙文書やハンコの存在です。
本講演では紙文書やハンコが業務に介在するプロセスを「PDF」テクノロジーを駆使してデジタル化することで、ワークフローの非効率や無駄、制約を排除し、真のペーパーレス化と業務改革を実現するための手法をご紹介いたします。
プロフィール
1977年株式会社TKC入社。
システム開発研究所、行政システム開発センター長、内部統制統括センター長を経て、2014年より現職。2020年より株式会社TKC 取締役 専務執行役員を兼務。

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-13DX推進におけるホンネ~良いサービスを創るための本質とは~


    (株)サイバーエージェント
    インターネット広告事業本部 デジタル・ガバメント推進室長 兼
    AI事業本部 GovTech開発センター長
    淵之上 弘 氏

    詳細

セミナー詳細
プロフィール

大阪会場
1/29(水)

10:30-11:15

横浜会場
1/29(水)

10:30-11:15
  • YT-14日本のデジタル人材育成を加速する。「Di-Lite」。

    デジタルリテラシー協議会 協議委員
    東京大学未来ビジョン研究センター 客員教授
    日本ディープラーニング協会 特別顧問
    西山 圭太 氏

    詳細

セミナー詳細
プロフィール

専門セミナー 講師

  • 【DXはじめの一歩】 ローコード開発と内製化で実現する業務効率化

    Claris セールスエンジニアリングマネージャー 
    森本 和明 氏

    詳細

セミナー詳細
【DXはじめの一歩】 ローコード開発と内製化で実現する業務効率化
ますます重要度を増す DX、忘れてはいけないのがその実現に向けての第一歩は既存業務の効率化であるということ。本セッションでは、その第一歩を踏み出すための手法としてローコード開発ツールを利用したアプリケーションの内製化をご提案するとともに、Claris FileMaker を利用した具体的なアプリケーション開発の流れやユースケースをご紹介します。
  • ニューノーマル時代の新しい社食サービス『びずめし』のご紹介 ~ ニューノーマル時代の様々な働き方を支援する、これからの福利厚生のあり方とは? ~

    Gigi(株) Sales Division Director 
    「食」x「福利厚生」 エバンジェリスト 
    加賀 裕二 氏

    詳細

セミナー詳細
ニューノーマル時代の新しい社食サービス『びずめし』のご紹介 ~ ニューノーマル時代の様々な働き方を支援する、これからの福利厚生のあり方とは? ~
コロナ禍により、テレワークが定着、従来の職場の概念が崩れ、不可逆な働き方改革が加速しました。福利厚生サービスも、多様な働き方に応じた新たな枠組みでの再構築が必要です。再構築のポイントは「いつでもどこでも」「ひとりひとりに寄り添った」の2つです。ニューノーマル時代の様々な働き方を支援する、新しい社食サービス『びずめし』のご紹介
プロフィール
加賀 裕二(かがゆうじ)日本大学、事業創造大学院卒業(MBA取得)。ソフトバンクやITベンチャーで、HRテクノロジー、Food Tech、地方創生等、様々な新規事業立ち上げに従事。現在、Gigi株式会社で、ごちめし・さきめし・びずめしの事業推進、従業員福利厚生とひいき飲食店を繋ぐ、新時代の社食サービス「びずめし」の展開に奔走。
  • 受注業務のデジタル化で得られる5つの効果 ~ 20分のショートセミナー ~

    (株)アイル 首都圏パートナー推進課
    橋本 優華 氏

    詳細

セミナー詳細
受注業務のデジタル化で得られる5つの効果 ~ 20分のショートセミナー ~
受注業務のデジタル化ツールであるBtoB EC。
アナログなFAXや電話注文から解放されることによって、どのようなことが得られるのか。
その効果を様々な導入事例を交えながらダイジェストにお伝えします。
プロフィール
イージーオーダー型の販売・在庫管理システムや企業間取引向けのECサイト構築など、中堅・中小企業向けシステム開発を行うアイルにて、パートナー企業との協業推進に従事。BtoB ECセミナーの企画や講演なども担当。
  • 紙文化の業務プロセスを刷新!電帳法とキャッシュレス決済でペーパーレス

    アルプスシステムインテグレーション(株) ソリューション営業課
    遠藤 あさみ 氏

    詳細

セミナー詳細
紙文化の業務プロセスを刷新!電帳法とキャッシュレス決済でペーパーレス
紙の請求書を処理する場合、受け取って、振り分けて、申請して…といった業務プロセスが発生し、更に紙書類の管理保管には、実際には多くの工数が費やされています。このセミナーでは、電子帳簿保存法とキャッシュレス決済機能が紙処理の業務プロセスを刷新し、ペーパーレスを実現する方法についてご紹介します。
プロフィール
セールス&マーケティング統括部 ソリューション営業課の遠藤あさみです。2019年にアルプス システム インテグレーション株式会社に中途入社し、趣味は、飼っている2匹のうさぎと遊ぶことです!よろしくお願いします。
  • 目指すべき請求書業務DXの世界!~ 企業間の請求書をD2Dで電子化する ~

    (株)インフォマート 事業推進・戦略営業部門担当 執行役員
    木村 慎 氏

    詳細

セミナー詳細
目指すべき請求書業務DXの世界!~ 企業間の請求書をD2Dで電子化する ~
昨今のコロナ禍により急ピッチで進んだテレワーク対応。時を同じくして経理を含むバックオフィス部門のDX化も加速しています。「電子インボイス推進協議会」も発足し、2023年インボイス制度に向けた環境整備も進んでいます。この状況下、経理はどんな未来像を描き、まず何からはじめるべきなのか。また民間企業だけでなく、行政・地方自治体での取り組みは?請求書をD2Dで電子化するメリットと無理なく取組める最新の請求書業務DXをご紹介します。
プロフィール
2000年、慶應義塾大学商学部卒業後、総合食品商社入社。
その後、経営支援サービスの会社を経て 2007年にインフォマート入社。
2014年より同社の電子請求書の仕組み「 BtoBプラットフォーム 請求書」の立上げを行う。 2019年 1月より現職。
  • 新サービス「eas」のご案内 ~ AI-OCRと人のチカラで高品質にデータ化 ~

    (株)うるるBPO 執行役員
    野坂 枝美 氏

    詳細

セミナー詳細
新サービス「eas」のご案内 ~ AI-OCRと人のチカラで高品質にデータ化 ~<
AI(人工知能)を取り入れたOCRと、クラウドワーカーの HR(ヒューマンリソース)を組み合わせた新しいリソースタッグによる、次世代のSaaS型入力サービスです。
プロフィール
株式会社うるる創業メンバー。創業よりBPO事業、シュフティ事業、新規事業の立ち上げに従事。BPO事業では営業を経験しSMB案件から長期間にわたる大規模案件まで担当。同社における豊富な経験から営業部長に就任。その後、BPO事業における運用チームの責任者として従事し、業務改善・効率化を図る。現在は執行役員として、(株)うるるのクラウドソーシング事業の責任者を行いながら、子会社の(株)うるるBPOにて新規事業の開発責任者として新サービス「eas」の立ち上げの責任者を担う。
  • ニューノーマルの働き方改革は、人事総務部門から!

    (株)エムケイシステム
    作花 美咲 氏

    詳細

セミナー詳細
ニューノーマルの働き方改革は、人事総務部門から!
多くの企業で推進されている「働き方改革」。人事部の方が旗振り役になることも多いと思いますが、ご自身の部門が一番後回しになるケースもまだまだ多いと思います。

このセミナーでは、人事総務部門の働き方改革にフォーカスし、業務プロセスの見直しから実践的な取り組みをご紹介いたします。年末調整の電子化もまだ間に合います。
  • テレワークの効率性を高めるセキュリティストレージとは?

    エレコム(株)
    三木 孝仁 氏

    詳細

セミナー詳細
テレワークの効率性を高めるセキュリティストレージとは?
大容量データの保管や受け渡し、テレワークにおけるデータの持ち出しも手軽に行える外部ストレージ。利便性が高い反面、紛失や盗難による「情報漏えい」や「ウイルス感染」のリスクがありますが、危険だからといって安易に利用を禁止してしまうことは「業務効率の低下」につながりかねません。

本セミナーでは、外部ストレージを安全にご利用いただくために考えうる限りの多重なセキュリティ機能を搭載した外付けSSDと、デバイスの導入・管理・破棄までの運用をサポートし、管理者様の負担を軽減するクラウドサービスをご紹介いたします。
プロフィール
エレコム株式会社営業本部法人営業企画チームに所属し、現場課題を解決できるよう日々、検討、研究しております

現在、実際に自身もテレワーク中で、チームのリーダーとしてもテレワーク環境の中、様々な取り組みを行ってます
  • Google Workspace ご紹介セミナー ~ Google Workspace をフル活用しよう ~

    グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 アカウント エグゼクティブ
    岩田 梨佳 氏

    詳細

セミナー詳細
Google Workspace ご紹介セミナー ~ Google Workspace をフル活用しよう ~
メール・カレンダーやビデオ会議ツールである Google Meet など社内・社外のコラボレーションを促進するツール Google Workspace は、チームが離れて働かなければ行けない環境下においても、生産性を落とす事なく業務遂行するサポートを行います。数万名を超える大企業から、少人数で業務を行う中小企業様まで幅広く活用いただいております。本セッションでは、Google Workspace を活用したより新しい働き方についてご紹介いたします。
  • 笑顔を育むワークフロー 皆伝!( 経費精算 / 勤務管理 )

    スミセイ情報システム株式会社 Kaiden!ビジネス推進部
    清水 大輔 氏

  • テレワークに最適なオフィスの作り方

    中央宣伝企画(株) 商環境・内装事業担当執行役員
    大中 文人 氏

    詳細

セミナー詳細
テレワークを導入した際のオフィスについて、このようなお悩みはございませんか?
・オフィスの空きスペースができたので有効活用したい。
・出社人数が減ったのでオフィス移転を考えている。
・サテライトオフィスを設けようと思っている。

テレワークに最適なオフィスの作り方がございます。
今回のオンラインセミナーでは、空間設計・施工のプロ「中央宣伝企画」が、自社の移転事例、テレワーク導入から移転の決断、移転プロジェクトの流れについて、実績や社員の生の声を交えてお話しします。
プロフィール
2002年入社。
商環境・内装事業部長として、働き方改革を推進するオフィス環境をご提供するサービス「コワーキング・ベース」を立ち上げる。これからのオフィスに必要な要素は、コミュニケーション&コラボレーションとし、働き方の変化を踏まえたオフィスの作り方を提案している。
  • 失敗しないクラウドシステム導入のすすめ

    ピー・シー・エー株式会社 事業戦略部 プロダクトマーケティングセンター 
    ITコーディネータ
    浦川 貴成 氏

    詳細

セミナー詳細
失敗しないクラウドシステム導入のすすめ
「システムを入れたはいいが、有益に使いこなせていない気がする・・・」
と思われている企業様必見です!

ITで全ての問題は解決しない。
ただ、多くの問題解決にITが必要だという思いを込めて

僅かな時間ではありますがPCA製品のご紹介と合わせて システム導入の失敗が起こる理由と、それを解決する為のヒントをお伝えさせていただきます。
  • 労働保険関係手続に関する電子申請活用セミナー

    労働保険電子申請アドバイザー事務局

    詳細

セミナー詳細
労働保険関係手続に関する電子申請活用セミナー
新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、電子申請の積極的な活用が推進されているところです。

「電子申請」をやってみたいと思われている方もこのようなことにお悩みではありませんか?
・電子申請って今までと何が違うのかわからなくて…
・せっかく電子申請でやってみようと思ったのに、どうやったらいいかわからなくて…
今回のオンラインセミナーでは、このようなお困りごとの解決をお手伝いします!
  • 現場から手軽にはじめるDX ~ 「テレワーク先駆者百選」に選定された当社事例からDX推進のコツをご紹介 ~

    (株)ワークスアプリケーションズ・エンタープライズ SaaS事業本部
    高橋 優佳 氏

    詳細

セミナー詳細
現場から手軽にはじめるDX ~ 「テレワーク先駆者百選」に選定された当社事例からDX推進のコツをご紹介 ~
総務省公表の「テレワーク先駆者百選」にも選定された当社が、DX推進でよくあるお悩みに対して、3つのDX推進を進めるためのコツをご紹介します。さらに現場で手軽に活用できるツールのポイントについても解説。